スーツの女性

毎月どこまで保証してくれるか

投資としてマンションを購入した場合、家賃を毎月払ってくれるか心配になりますが家賃保証すれば安心といえます。しかしながら、ファイナンスとして家賃保証契約をする場合でもどの範囲まで保証してくれるかが重要になります。家賃保証の魅力は、あくまで毎月の家賃を保証してくれますがいつまでどれぐらいの金額を保証してくれるかをあらかじめ調べておく必要があります。そしてそれらを、契約の途中で変更できるかも確認しておくべきです。

大規模修繕を行う場合はどうか

これから家賃保証の業者にお願いする場合、大規模修繕を行う場合にどれぐらいの費用がかかるのかそして業者の選択権がどちらになるかを理解しておかなければなりません。立ち往生している会社が、大規模修繕の業者を一方的に選べるとすれば、家賃保証会社に有利な業者を選ぶ可能性が高くなります。そのため、どちらに選択権があるかは非常に重要な内容になるでしょう。もし選択権がないとしても、どの程度のレベルの大規模修繕業者を選ぶことになるかが重要です。

価値が下がるごとに保証額が下がる

家賃保証といっても、いつまでも同じ金額を保証してくれるわけではありません。例えば新築でマンションを投資目的で購入した場合、ファイナンスとして家賃保証システムを利用するようなこともあります。例えば最初の月は家賃が8万円だった場合8万円を保証してくれるのが基本になります。しかしながら、マンションの価値が落ちるごとに少しずつ保証していく額が減っていくのが特徴になるでしょう。そうすると、結果的に保証額が少しずつ少なくなってき赤字が発生してしまうことがありますので注意が必要です。

黒字を出すようにすれば問題ない

家賃保証の場合には、黒字を出せるかどうかが重要になります。確かに、保証会社としても物件の価値が下がるにつれて家賃保証の額も下げていくのが基本と考えるべきでしょう。そのため、どのような業者を選んでも全く保証金額が下がらないようなところもありません。そうすると、家賃保証することでマンションのオーナーが赤字に転落してしまうことも考えられます。しかしながら、それは空室が多かった場合の話になります。もし、投資の腕前がしっかりしており可能なかぎり空室を出さないようにすればそもそも家賃保証の額が下がったとしてもそれほど問題がありません。なぜなら、空室がほとんど出ていなければ家賃保証のシステム自体は機能しないようなものだからです。そのため、本格的に投資として頑張る場合には単に保証システムが優れているかどうかよりもそもそも自分が黒字を維持できるようにすばらしい物件を選びその物件の質を維持する努力が必要です。

広告募集中